メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

漢影雲根石板

漢影雲根碣

更新しました:2018-05-30

642

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

古崗湖南側にある献台山に位置し、明魯王が手書きで石に刻んだ古跡の一つとなっています。監国の魯王は清朝を倒し明朝を復興するため、金門島に10年以上も駐屯していました。この岩に刻んだ古跡は魯王の豪勢な勢いを表現しており、県指定文化財となっています。

今日見ることのできる漢影雲根石板は、正逆文字の2枚があります。伝説によると、真筆の石板は元々山肌にあり、その後崩れ落ち、文字もこれによって逆さまになり、それを後世の人が形状の似ている崖石に拓本したため、正逆文字の漢影雲根石板が出来上がったとのことです。

観光スポット情報

交通情報

周りによい旅行

Top