メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

お任せパック

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

金門を訪れる方への知っとく情報

金門は台湾でも非常に特別な離島の観光地です。現在も、島には過去の戦争の痕跡が残され、様々な軍事堡塁や人工的に掘られた坑道が見られます。また、伝統的な古集落も金門の見どころの一つ。独特な自然風景、台湾本島とは一味違う料理。すべてが新鮮で旅人に驚きを与えます!さあ、金門旅行のポイントを見てみましょう。あなたの金門旅行がもっとスムーズになるでしょう!

離島の観光地

金門の豆知識

交通地図

金門は金城鎮、金寧鎮、金沙鎮、金湖鎮、船で渡る必要のある小金門からなります。空港や埠頭が集まる金城鎮は、比較的賑やかな地区です。少なくとも2泊3日の滞在をお勧めします。

旅の注意

  • パスポート、国際免許証、常備薬をお持ちください。
  • 夏は水着を、秋冬は防寒着をお忘れなく。
  • 建功嶼行きやバードウォッチングを計画しているなら、潮の満ち引きにご注意ください。
  • 望遠鏡、カメラを携帯。

通貨

通貨

ニュー台湾ドル(元)を使用。一般的な紙幣:100元、500元、1000元札。硬貨:1元、5元、10元、50元。

言語

言語

中国語と台湾語(閩南語)を使用しています。観光スポット周辺では簡単な英語も通じます。

電源プラグ

電源プラグ

一般の電源は電圧110V(60Hz)で、2ピンプラグが使えます。

緊急連絡電話

緊急連絡電話

警察 110
救急車&消防 119
国番号 +886
市外局番 82

インターネット接続

インターネット接続

ほとんどの宿泊地でWi-Fiが使えます。または台湾の通信事業者のSIMを購入することもできます。比較的郊外の地域では中国の電波を受信する可能性があり、国際ローミング費用がかかる場合があるのでご注意ください。

iTaiwan Wi-Fi

時差

時差

金門の時間は日本より1時間遅くなります。

チップ

チップ

台湾本島と金門にはチップの習慣はありません。一部のお店では食事代に10%のサービス料が含まれています。

トラベルサービスセンター

トラベルサービスセンター

人気の観光地にはトラベルサービスセンターがあり、中国語、英語で観光関連情報を提供しています。

交通

海外から金門まで

現在、金門に行くには、台湾本島から出発する必要があります。台湾に到着した後、台北松山空港で金門尚義空港行きへ乗り換える方法が、便数も最も多く、一番速い行き方となります。日本国籍の旅行者は、ビザなしで台湾に入ることができます。さらに情報が必要な場合は、台湾外交部領事事務局へお問い合わせください。滞在期間は、パスポートとビザの情報内容により異なります。その他、台中空港、嘉義空港、台南空港、高雄空港、離島の澎湖空港にも金門行きの便があります。詳しくは金門空港をご参照ください

アモイまたは泉州から出発する場合

アモイの五通埠頭、泉州の石井埠頭からは、小三通の船で金門に到着することができます。出航時間の最新情報は、台湾または中国の運航会社にて確認してください。大人は約650台湾元で、ピークシーズンの場合は事前にチケットを購入し、パスポートを携帯して乗船してください。詳細は金門に行く方法をご参照ください。

金門内

  • 観光タクシー:金門1日貸切ツアーは、約5,000台湾元から。条件をしぼり、インターネットで複数の業者を比較することをお勧めします。または金門尚義空港トラベルサービスセンターのサービススタッフにお問い合わせください。
  • 台湾好行:観光スポットを巡る路線バスです。金門では現在、計5つの路線を選べます。さらに詳細な情報は、台湾好行をご参照ください。

気候

春

春(3-5月)

3~5月の春、気温は徐々に暖かくなります。気候の関係から特別な藻類が海の中で発光する現象、「藍眼涙(青の涙)」が起こります。印象的で美しい景色に惹かれ、旅行者が金門にやってきます。

この時期、金門は霧の季節で、不安定な天候のために交通状況が変わり、しばしば船が欠航になることがあります。

夏

夏(6-9月中)

6月下旬~8月の季節は炎天となりますが、ちょうど台湾の学生の夏休みに当たり、旅行者も増えます。日焼け止めグッズの持参や十分な水分補給をお忘れなく。水遊びのほか、金門特有の夏の渡り鳥「ハリオハチクイ」も夏の金門の大きな見所です!

秋

秋(9月中旬~11月)

9~11月、天気は徐々に安定して涼しくなり、金門を訪れる多くの旅行者に一番好まれる季節となります。コウリャン酒の材料となるコウリャンの穂もこの季節に実り、美しい黄金の田園風景が心地よく一面に広がります。

冬

冬(12月-2月)

12~2月は台湾伝統のお正月休みと重なる可能性があり、訪問客も増えます。この時期、金門の風は強く冷たくなります。冬の渡り鳥「鵜」の群れが国境を越える驚きの光景が、冬の金門にたくさんの旅行者が惹きつける要因となっています。

重要な年次イベント

オハグロカキ小麦文化祭

オハグロカキ小麦文化祭

オハグロカキや小麦、金門の農業、伝統的な漁業が観光とコラボレーション。生態ガイド、小麦のオリジナルDIYイベントのほか、カキの1000人殻剥きの壮大なシーンは、毎年逃すことのできない体験となります。

金門迎城隍

金門迎城隍-浯島宗教文化観光フェスティバル

宗教信仰は金門の住民にとって非常に重要な生活の一部で、現在もたくさんの伝統行事が昔通り残されています。迎城隍で盛大に行われる行事は、昔から現在に至るまで金門の重要な宗教行事で、見逃すことのできないものです。台湾本土では見ることができない陣頭(神事)文化もたくさん見ることができます。他では得られない旅行体験になることでしょう!

QUEMOY国際海島音楽フェスティバル

QUEMOY国際海島音楽フェスティバル

戦地の史跡のほか、金門の海も訪れてみる価値があります!国際海島音楽フェスティバルは、夏で最も期待できるイベントの一つ。様々なビーチイベントやレクリエーション大会、盛大なコンサートなど、金門の熱気を十分に感じられるでしょう!

金沙鎮コウリャン旧市街風獅爺文化祭

金沙鎮コウリャン旧市街風獅爺文化祭

金門の伝統的な信仰における重要な一部として、金門旅行で見逃してならない景色の一つが風獅爺です。高粱老街風獅爺文化フェスティバルは、文化に関する物語から始まり、金門の特産品であるコウリャンと風獅爺を各イベントに融合。旅行者はこの地をさらに深く体験できます。

金門坑道音楽フェスティバル

金門坑道音楽フェスティバル

金門の最も代表的な坑道-翟山坑道では毎年秋、演奏家を招き、坑道の天然の音響を利用した波音の伴奏に合わせた、最高で特別な音楽フェスティバルを開催します!

おすすめスポット

軍事史跡、魂を揺さぶる戦時の狼煙体験

古集落、驚嘆すべき古き建築の美

人文歴史、金門の過ぎ去った記憶を歩く

自然生態、青空、あふれる緑、深呼吸

ご当地グルメ、お土産

広東粥

広東粥

金門のご当地朝ごはんの一つです。だしスープで柔らかく煮込まれた広東粥は、豚レバー、薄切り豚肉、豚肉だんご、魚肉だんごなどのトッピングなど盛りだくさんで、お腹も大満足。

油炸粿(油条)

油炸粿(油条)

広東粥の最高の付け合わせである油条は、ほとんどのお粥の店で一緒に売られています。台湾本島の油条はパリッとした食感ですが、金門のものは外がサクサク、中は柔らかです。お粥に浸して食べると美味しさ満点です!

焼餅(シャオビン)

焼餅(シャオビン)

金門のご当地朝ごはんの一つです。だしスープで柔らかく煮込まれた広東粥は、豚レバー、薄切り豚肉、豚肉だんご、魚肉だんごなどのトッピングなど盛りだくさんで、お腹も大満足。

焼きインスタントラーメン

焼きインスタントラーメン

かつて軍事拠点であった金門島の軍人たちが最も愛した食べ物「焼きインスタントラーメン」。今も旅行者に深く愛されています。インスタントラーメンに色々な野菜や細切り肉を加え、卵を入れて炒めます。シンプルながら味わいがあります。

オハグロカキ料理

オハグロカキ料理

オハグロカキは金門特有の海鮮で、小ぶりですが他では味わえない新鮮な甘みがあります。金門を訪れたら炸蚵嗲(かき揚げ)や石蚵麺線(カキそうめん)は、絶対にはずせません。

牛肉料理

牛肉料理

かつて軍事拠点であった金門島の軍人たちが最も愛した食べ物「焼きインスタントラーメン」。今も旅行者に深く愛されています。インスタントラーメンに色々な野菜や細切り肉を加え、卵を入れて炒めます。シンプルながら味わいがあります。

コウリャン酒

コウリャン酒

台湾の人に金門の印象を聞くと、多くの人がコウリャン酒と答えるでしょう。コウリャン酒は度数の高いお酒。金門酒工場で造られるコウリャン酒はまろやかでおいしく、お土産にぴったりです!

タロイモアイス

タロイモアイス

小金門特産のタロイモは、一般のタロイモと比べて香りがよく、食感はより濃厚です。シロップでよく煮込んだものをアイスにトッピングするとおいしさ抜群。暑い夏に一番嬉しい味です。

こちらもチェック

Top