メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

呉秀才厝

吳秀才厝

更新しました:2018-05-30

561

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

清朝末期の秀才・呉文長が暮らした住居です。建物には中庭が2つ、左右側にダブルの庇がある三落大合院(母屋が三つある建物)で、庭を囲う塀があり、その外観は烈嶼で最高のものと言えます。建物には洗練された石材と木材が用いられ、また一流の職人が招かれて施工しました。正庁の燕脊と庇の馬背ラインは生き生きとマッチしており、屋内の配置は円滑で変化に富み、庭と母屋の間は華麗な彫刻と交趾陶器の飾りで装飾されています。

観光スポット情報

交通情報

周りによい旅行

Top