メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

文台宝塔

3 4 件の口コミ

更新しました:2018-12-11

596

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

スポット攻略法
◼️金門で唯一完全に保存された明代の石塔です。
◼️入口は「高粱酒醸蛋創始店」の近くです。

「文台宝塔」は、明洪武20(1387)年に明太祖が江夏侯である周徳興に命じ金門に建てさせた三つの石塔の内の一つです。金門で唯一、戦火を逃れ、砲弾の損傷を受けていない明代の石塔です。
文台宝塔
高くそびえる「文台宝塔」はかつては航海の指標でした。塔頂には文字と浮き彫りが刻まれ、金門城方向に向かう塔の廂の下には、細長い石板が掛かっています。石板には「奎星聳照」の四文字が横書きに刻まれ、下方には「魁星踢斗」の絵が浮き彫りされており、文化隆盛への祈りが示されています。塔下の盤石には明代の武官-陳煇の手による「文台宝塔」の墨跡、中国画の大家-故張大千が書き残した貴重な「国之金湯」の墨宝があります。歷史的な意義が非常に高く、現在では国定旧跡に指定されています。
文台宝塔

観光スポット情報

旅行時間を推奨

0.5-1時

交通情報

3.0 4 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 2 悪い
  3. 0 普通
  4. 2 良い
  5. 0 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 0 カップル・恋人
  3. 3 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 0 友達

この口コミ情報は金門県政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周りによい旅行

Top