メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

古寧頭集落

古寧頭聚落

更新しました:2020-12-09

1206

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

スポット攻略法

古寧頭電動自動車で集落の歷史を深く理解

三眼井、振威第、水尾塔などの歴史が香る文化スポットを探訪

紹介

古寧頭は古くは「古龍頭」と呼ばれていました。金門の西北角に位置し、北山、南山、林厝の3つの集落から構成されており、1949年に勃発した「古寧頭戦役」の主戦場です。住民は主に李という姓で、そのため集落内の多くの住宅では門楣上に「隴西衍派」という堂号が掲げられています。
古寧頭集落
「双鯉湖湿地センター」は金門特有の生態を展示し、「水尾塔」は百年の歴史を誇る集落の水にまつわる歴史を示し、特殊な形状の「三品井」は住民の憩いの場となっています。さらには「金門和平記念園区」、「古寧頭牌楼」も見所で、古寧頭集落は古民家建築だけでなく、たくさんの歴史物語を秘めています。古寧頭集落の素朴な人情味をじっくり味わいに、ぜひ足をお運びください!
古寧頭集落
北山振威第
県指定史跡の「振威第」は清代嘉慶年間に広東水師提督(海軍提督)李光顕が兄弟三人、力を合わせて建築した三落様式(母屋が三つ)の邸宅です。建物の裏には三基の「石敢当」があり、魔除けの役割を担っています。石獅子が刻まれた「泰山石敢当」は金門で現存する唯一の石獅子型の石敢当で、最大の石敢当でもあります。

清代乾隆20年に生まれた李光顕は、「台湾林爽文の乱」の平定に関わり、参将李長庚に従い海賊蔡牽の討伐に参加。目覚ましい戦績をあげました。蔡牽の死後は、従兄弟の邱良功と共に福建海域で残党の殲滅に力を尽くしました。

嘉慶21年広東水師総督に昇進し、両広(広東省・広西省)総督阮元に「海邦著績」との匾額を送られました。「振威第脊墜懸魚図」は、人々から称賛された清廉潔白な人柄と、賄賂を受け取らなかったという故事を伝えています。

北山水尾塔
双鯉湖のほとりにある「水尾塔」は清代乾隆32年頃に建てられた県指定史跡です。正四角形の花崗岩で作られており、塔の四面には「佛」、「法」、「僧」、「寶」の四字がそれぞれ刻まれています。「佛、法、僧」の三字は大海原に向かい、水を鎮め、海上の陰風邪悪を抑え、住民の安全を守る作用があるとされ、「寶」の字は村内に向かい、財宝や富を村内に集め、外地に寄寓する子弟の事業の開源節流を重んじる意味が込められています。

南山集落三眼井
三つ並んだ「三眼井」は、「品」の字に似ているため「品字井」とも呼ばれています。南山集落の重要な水資源で、清代康熙年間に作られたと伝わります。長い年月を経ながら今も十分な水量をたたえ、洗濯や灌漑に使われるほか、住民の憩いの場となっています。水源の衛生保持のため、見学の際に、井戸から汲み上げた水を使い終わらなかった場合には、井戸内に戻さず、井戸の脇に置いておくようお願いします。

イワガキ小麦文化祭
毎年春になると、集落は黄金色の小麦畑に囲まれます。また付近の海にはイワガキ田も広がり、「擎蚵(石柱からカキを削り取る動作)」を行う漁師達の姿は地元文化を代表する風物詩です。4月には「林厝和平記念園区」で「イワガキ小麦文化祭」が開催され、千人規模のカキ剥き、電動自動車による小麦畑ツアー、カキ田での生態ガイドツアー等が企画されています。大人も子供も揃って夢中になれるイベントです!

*古寧頭集落周辺には多くの人気スポットがあります:古寧頭戦史館北山の古い洋館北山放送壁金門和平記念園区、古寧頭牌楼、双鯉湖湿地など
 

観光スポット情報

電話 +886-82-324174

アドレス 台湾金門県金寧郷古寧頭集落

旅行時間を推奨

1-2時間

交通情報

周りによい旅行

Top