メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

沙美万安堂

沙美萬安堂

更新しました:2018-05-30

691

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

金門県の記載に基づくと、沙美万安堂は元朝に建てられ、700年以上の歴史を有する、金門県で最古の保生大帝廟です。保生大帝は民間信仰における「医学の神」で、医学が発展していなかった時代、家族が病気になると、民衆は廟で神に薬を請いました。このため、保生大帝は金門民間信仰で病気治療の重要な神となりました。万安堂は3回修復された後、現在の場所に移転され、再建されました。2009年、現地の環境計画と結合し、「万安堂起源地記念公園」となりました。保生大帝が白馬に乗った石の彫刻、伝説が記録された石碑、12支の運気石があり、台湾宗教の100景に選ばれています。

観光スポット情報

アドレス 台湾金門県金沙鎮忠孝新村5号

営業時間 全日

交通情報

周りによい旅行

Top