メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

西山前李宅

更新しました:2018-05-30

452

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

李氏の先人が清朝末期に南洋で商いに励んで財を成してから帰省して建てられた豪華な建物です。これには前後2軒の合院建築が含まれ、現在は県指定文化財となっています。前方の建物は清朝の光緒10年に建てられ、5つの間取りの中庭が3つある合院で、落成時には計16室の部屋があり、「十六室の家屋」と称されていました。後方の建物は前の建物の4年前に落成し、全棟には前後庁、東西庁、二つ廂があったため、「大六路」と称されました。中庭が2つあるだけであるものの、木造りでさらに華麗に見えます。

観光スポット情報

交通情報

周りによい旅行

Top