メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

榕園

4 4 件の口コミ

更新しました:2019-11-15

460

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

紹介

樹齢百年の榕樹(ガジュマル)が太湖北岸に密生しています。こうしてここは自然に「榕園」と呼ばれるようになりました。園内のガジュマルの多くは数十年前からここに根を張っています。百年近い月日を生き抜いてきた木々は、気根がたくましく垂れ下がり、枝葉は天空へと盛大に伸び、大きな緑の傘のように、人々に心地よい日陰を提供してくれています。午後のひととき、ここでお茶をすすり、中国将棋に興じる。それが金門らしい暮らしの風景です。
榕園 (慰廬を含む)
慰廬
「慰廬」は明朝の国子監助教-洪受の住居でした。洪受は非常な博識で、若いうちから州、県学教授に任じられました。門生には、科挙に合格したり進士となった者がたいへん多く、そのため洪受は「大師」と尊称されました。「榕園」が風景区に指定された際、園内に残っていた西洪の旧居、「一落四櫸頭」と呼ばれる閩南式の伝統建築「慰廬」を修復しました。
榕園 (慰廬を含む)

観光スポット情報

旅行時間を推奨

1時

交通情報

4.0 4 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 2 普通
  4. 0 良い
  5. 2 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 1 ファミリー
  2. 1 カップル・恋人
  3. 1 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 0 友達

この口コミ情報は金門県政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

周りによい旅行

Top