メインコンテンツセクションに行く アンカーポイント
アンカーポイント

季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!

更新しました:2019-01-16

601

微信分享:

Android点击浏览器右上方 "" 分享给微信好友

iOS浏览器请点击下方 "" 按钮

藍眼淚星砂

日数 0.5日ツアー

タイプ おすすめの旅程

交通手段 歩行, 運転

紹介

金門に霧の季節が訪れると交通は大きく乱れキャンセルが続出し、金門行きを諦める人も多いかもしれません。けれども通なら知っているはず。この時期の金門は、霧で霞む風景が美しいだけでなく、この季節だけの特別な美景「藍眼淚」が見られるのです!
季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
「藍眼淚」が最初に知られるようになったのは馬祖地区ですが、金門は地形の関係で近くで「藍眼淚」が見られるというメリットがあります。👀
季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
金門の「藍眼淚」は「渦鞭毛藻(うずべんもうそう)」という藻類で、「夜光虫」とも呼ばれます。春から夏へと移り変わる頃が金門「藍眼淚」が発生しやすい時期。「藍眼淚」はこの種の藻類が大規模に集まり衝突することで美しい青い光を発するため、波が岸辺に打ち付けるところでは特に出現しやすいのです。☝️

「藍眼淚」の出現には、さまざまな自然条件が揃うことが必要です

1.風向
「藍眼淚」が出現する季節は4月から6月初め。この時期はちょうど南風の季節で、底層海流の方向転換、水温の上昇、蛍光藻類の大量発生が重なり、「藍眼淚」が出現します。

2.気温
太陽の光が照射され温度が上がると藻類は繁殖を始めます。そのため南風が吹き、気温が上昇した日は「藍眼淚」の観察に適しています。

3.月光
「藍眼淚」の光は発光量が少なく時間も短いため、光線の影響を容易に受けます。そのため、月光の明るさも「藍眼淚」が見られるかどうかに関係します。旧暦の十五日は満月で、その前後の月は明るいため「藍眼淚」の光を弱めます。旧暦一日前後の三日間は月光が弱く、光害が少ないので、「藍眼淚」を見られる確率が比較的高くなります。

4.潮汐
潮の満ち引きは「藍眼淚」が海岸に近づくかどうかに関わってきます。基本的には4月から6月にかけて「藍眼淚」が観察されてきましたが、「藍眼淚」は海上を漂流する藻類であるため、潮の満ち引きで海岸に近づいたり離れたりします。日中は海上の赤潮が海岸に近づいているかどうかを観察し、満ち潮の時間に合わせて海辺へ向かいましょう。
藍眼季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
風向等の条件により、金門ではいくつかの地点が「藍眼淚」の観察に特に適しています。官澳海堤慈湖尚義成功海岸料羅南石滬公園后湖海浜公園欧厝ビーチなど南海岸では見られる機会が多くなっています。👍
季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
特にお勧めなのは慈湖です。慈湖の砂浜は平坦かつ安全。しかも潮間帯と星砂があり、廈門の夜景も眺めることができます。慈湖での「藍眼淚」待ちはがっかりすることがありません!
季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
どうですか?「藍眼淚」に会いに金門に来る準備はできましたか?
季節限定!藍眼淚(夜光虫)の攻略はここから!
🔸季節:四月から六月初旬の春から夏へ移り変わる季節(この時期は霧が多いので、フライトの状況にご注意ください)。
🔸時間:旧暦一日前後三日間(月光が弱い)の満潮前1、2時間。
🔸風向:南風。
🔸場所:慈湖、欧厝、后湖、尚義、成功南海岸等。
🔸装備:滑止め機能のある靴を準備し、懐中電灯かヘッドランプを携帯し足元の安全を確保してください(「藍眼淚」を見る時は必ず消灯してください)。
🔸撮影のコツ:高機能カメラと脚立を用意し、ISOを800~1,000に、絞りを2.8に、ホワイトバランスを3,000K以上に、露光を30秒に設定します。

🌟注意:夜間の活動は危険を伴います。必ず前もって中央気象局のHPで金門の潮汐状況を調べ、潮の満ち引きの時間を確認してください。Windy.comでは現在の風向が調べられます。必ず同行者といっしょに向かい、安全のため、絶対に一人では行動しないでください。👫 害とゴミの処理にご注意ください。 ❗️

旅行のヒント

夜間の活動では照明を携帯し🔦,、滑り止めにも留意してください。
「藍色淚」の観察時には、潮の干満に気を配り🌊、安全に配慮してください。
「藍眼淚」が見えたらライトを消して光害を減らしましょう。ゴミはお持ち帰りください。⚠⚠
Top